気ままにmemo

Date : 2011年04月

ウェブ小説感想 村人Aの婚約

コーポ侘助 加藤有楽さん
コーポ侘助

村人Aの婚約

 ジャンル - ファンタジー・コメディ・恋愛
 公開日 - 〜連載中

通行人A、生徒B、老婆C……脇役キャラ、モブキャラって知ってますか?
この物語の主人公は、RPGによくいる村人の一人。村人A。
ほら、村に入ると入り口でウロウロしてるモブキャラがいるでしょ?あれ。
村に来た勇者様に、「ここはルルトの村です」と言うのが、彼女の仕事。
あるとき村にやってきた勇者様が、村人Aに「オレの婚約者になっていただけませんか?」と言ったものだから大変。
だってシナリオ上、勇者様のお相手はお姫様と決まってるじゃないですか?

現在、第8話「勇者VS村人Aの再戦」まで連載中。

*感想*

   。
    〉
  ○ノ イヤッホォォ!
 <ヽ |
 i!i/, |i!ii ガタン
 ̄ ̄ ̄ ̄

読んでる間、このAAがずっと頭にチラついてました。何故だろう(笑)

もうね、テンション高すぎ。とりあえずみんな戻って来い。テンション下に落ちて来い。病院来い。
始終笑いっぱなしでした。小説で爆笑したの何年ぶりだろう。
勇者はフリーダムだし、魔法使いは薄情だし、盗賊風のねーさんは恋バナで鼻息荒くしすぎだし。
キャラクターの動きに引き込まれて目を廻しているうちに、8話まで読み終えてしまいました。
このお話がどう展開しようと、わたし素直に受け止められる気がする。
もうどうにでもなぁれ(笑)なんでも受け入れられそう。

作者さんの他の小説も勢いで読みつくしてしまったんですが、他のお話も面白いですね。
ニートの神様「こもりがみ」も、素敵変態執事(褒め言葉)が出てくる「お嬢様はじめました」も全部楽しかったです。
作者さんの文章能力が良いのか、簡潔な描写で読み手の心を掴んでくるなぁと思いました。
とても魅力的な文章を書く作家さんですね。

連載中のお話ばかりなので通うのが楽しみです。
はー。ヌラジュルジュル食べたい。
スポンサーサイト



女性向感想 マシェラブ

half はる助さん
half

マシェラブ

 ジャンル - 恋愛ADV・ファンタジー
 ツール - LiveMaker
 公開日 - 2011/04/23

巫女として城で仕えているフィネ。
来る日も来る日も薄給で地味な仕事に業を煮やした彼女は、てっとり早く玉の輿にのってやろうと意気込むのだが。
EDは9種類。

*感想*
第一王子の攻略が一番苦労しました。
この人どうやったら落ちるんだろうとか思ってたら、まさかの裏技。師匠すてきだいて。
眉間に皺寄った顔より、紅顔の美少年の方が全然いいよ!もう一生あの姿のままでいいんじゃない?短パンはけばいいんじゃない?それで世のいけないお姉さま方のハートを鷲づかみしちゃえばいいんじゃない?
第一王子、美味しいです。
そして「生意気な幼女」が好物な自分は、ヒロインの言動にも終始大興奮しっぱなしでした。幼女っ!



気持ちの良いドタバタラブコメディーゲームを公開してらっしゃるところです。
新作ごとに進化してるのが凄い。次はどんな新作がでるのか期待してしまいます。


同作者さんの別作品の感想はこちら。
「Fantastic Tale」の感想

女性向感想 Fantastic Tale

half はる助さん
half

Fantastic Tale

 ジャンル - 恋愛ADV・ファンタジー
 ツール - LiveMaker
 公開日 - 2010/12/24

見習い魔法使い、ミュゼ。
魔法使いになるための試験を、何度も滑り続けた彼女に師匠は言いました。
5日以内に課題を成功させれば魔法使いとして認めましょう。できなければ破門…と。
召還魔獣のフェンリルと共に課題に励むのですが、ミュゼは魔法使いになれるのでしょうか。
EDは7種類。

*感想*
ミュゼが可愛い。それをフォローするフェンリルも見ていて楽しい。守備隊長はボケっぷりが逆に心配。
師匠はいろいろ裏で動いてそうなのですが、謎のまま終わって寂しい。
これは続編を待ち望めばいいということか…っ。
そして一番好きなキャラが、魔法薬を売ってるレナータさんでした。
どエスな視線と仕草と鋭利な毒舌が、とても…悶えました。
給金をもらいながら美人に罵しられるとかホワイト企業すぎる。

女性向感想 x3

purgatory forestさん
purgatory

x3

※残酷表現あり(注意書きより)
 ジャンル - 恋愛SLG・ヤンデレ
 ツール - LiveMaker
 公開日 - 2009/12/30

誰かと交際したこともなく栗山明日香は、平凡に高校生活3年目を送っていた。
小学校からの付き合いの、成田充に影山不二。そして友人の野々村。
この4人で馬鹿騒ぎを続けるものだと思っていた。野々村に恋人ができるまでは。
12月も入り、じきクリスマス。明日香は幼馴染の青年二人を異性として意識するようになるのだが…。

*感想*
キャラクターが個性豊かで面白かったです。会話のテンポも絶妙。イラストも可愛らしかった。
でもヤンデレゲー(笑)
序盤の明るさはどこへ行ったのか、後半からは監禁やら束縛やら、キャラクターの目元も暗かったりで、怖かった怖かったよっ…!ガタガタガシャーン
周回プレイしていると、もうどこでヤンデレスイッチが入るのが、ソワソワしっぱなしでした。ガタガタ
BADENDがバラエティー豊富なせいか、逆にGOODENDが貴重に感じられて仕方ない。
おまけでは、のの様がメロンパン男前すぎて惚れました。
私はチョコチップメロンパンとクッキーメロンパンが好きだな。昔ながらの白餡入りメロンパンも美味しいよね!(脱線)
それにしても何度見返しても、監禁スチルはイケメンすぎる。どエスに責められたい…縄!縄っ!


x3-st.Valentine's day-

※残酷表現あり(注意書きより)
 ジャンル - 恋愛ADV・ヤンデレ
 ツール - LiveMaker
 公開日 - 2010/02/14

x3の続編。付き合い始めて1ヶ月。もうじきバレンタイン。
充→充編、不二→充編、不二→不二編、充→不二編の4つのENDから、ストーリーを開始できます。
HPに攻略情報あり。

*感想*
白峰が白峰が!お兄ちゃんがお兄ちゃんがっ!
前作も濃い内容だったのに、さらに濃くなってるよ!
キャラクターも話の拡がりも、パワーアップしてて大興奮。
ランダムで出てくるカオスENDも良かったです。
あとおまけのキャラクター座談会が、はっちゃけすぎてて笑ってしまいました。
「首絞めって言ったらヤンデレ好きにはたまらんイベントでしょ」「ヤンデレ厨は何でも病ませときゃいいって発想が無い」
……突っ込みの容赦無さが鋭利で素敵。


有名どころのゲーム制作サイトさん。
公開作品は一通りプレイしたのですが、なにせ更新頻度が高すぎて紹介する余裕がなかった(笑)
今回はその中でも、好きなシリーズだけ感想書かせてもらいました。
(本当はハローウィンゲームが一番好きなんですけど、事情があって公開終了されてしまったようなので今回は敢えて語らずに(涙)…あれ面白いよforestさんの笑いのツボハイセンスすぎるよ良いね良いねもっとやってほしい)
エイプリルフールに公開した四追も、良いお話が沢山詰められてて好きです。愛しさと切なさと激情を織り交ぜた感じが溜まらないです。
企画ゲームが力入っているので、四季の行事の際はいつもこちらのHPをチェックしてます。
通常時もブログやウェブ拍手等、あちこちで活動されてるので、動向が見逃せないゲーム制作者さんですよね。
毎日わくわくしながら通ってます。

女性向感想 Chocolate Love、死神レポート

in the air イオリさん
in the air
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

Chocolate Love

 ジャンル - 恋愛ADV・短編・企画物(バレンタイン)
 公開日 - 2007/02

高校二年のバレンタインデー。チョコレートを渡したい人物は誰…?
EDは5種類。

*感想*
キャラ別にシナリオが選べます。後輩と教師のEDが2種類ずつ。
二人をクリアすると、幼馴染の先輩、支倉勇吾のルートが開きます。
先輩EDいいねいいね!しかし彼にチョコレート送った女子生徒は、見ていて気の毒だったなぁ。
あぁシナリオ読んでたら、デパ地下のチョコをゆっくり味わいたくなってきた。高いけど美味ですよねぇ。


死神レポート

 ジャンル - 恋愛ADV
 公開日 - 2010/11/23

おっちょこちょいで満足に仕事がこなせない、新米死神サト。
そんなあるとき倉貫詩緒という女子中学生の魂を刈り取ることになったのだが、対象者の保護者・西村七海に姿を目撃される。
先輩の死神スーさんから、「人間に深く関わるな」と注意されていたのにも関わらず、対象者とその保護者と交流を結んでいくサトだったが…。
EDは3種類。

*感想*
サトが天然で可愛い!詩緒は黒髪ロング反抗期で可愛い!七海は保護者っぷりがイケメン!
スーさんはポーカーフェイスで渋い渋い渋いっ!ネクタイピンの鎌とか秘密兵器な感じでイイネー!
キャラクターが良い人達ばかりで、見ていてほのぼのニマニマしてしまいました。

そしてこちらの制作するゲームは、毎度のことながらクールな雰囲気作りが良いですね。
喫茶店を意識してしまう洒落た音楽に背景、綺麗なキャラクターイラスト。
今回はその世界観の中で、京都弁で会話するキャラクターが良いアクセントになってました。
方言萌えますわぁあ。二人の会話が見ていて和む。
会話のテンポが可愛すぎて、盗み聞きしているような妙な気分に陥ってしまいました2828(^v^)


同作者さんの別作品の感想はこちら。
「ニコ★ニコ」「断章三分間」の感想

ウェブ小説感想 Babel

no-seen flower 由紀さん
no-seen flower
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

Babel

 ジャンル - ファンタジー・異世界トリップ・恋愛
 公開日 - 〜完結

水瀬雫は大学からの帰り道に、不思議な穴に引き込まれる。
そして目を覚ますと、砂漠に空飛ぶ竜。そこは魔法が存在する異世界だった。
帰る方法を探すため、魔法師エリクと共に旅にでるシズク。
それがファルサスやキスク…様々な国を巻き込んだ、大陸の歴史に関わる旅になるとは知らずに…。

*感想*
すごい長編。すごい読み応え。
私はまだ読んで間がないんですが、あちこちで感想を見かけたり、企画物が賑わってるのを見るところ、きっと有名なサイトさんなんでしょうね。
分厚い小説を一冊読み終えたような気分でした。
読んだ後も余韻が消えません。

黒魔術やら戦争やら血みどろの争いもあったりして、本当に先が読めない展開でしたよ。
世界設定もしっかり作りこめられていて、設定資料集wikiがまた濃くて面白い。(Babel読了後に読むことを薦めます)
壮大な歴史の一部に触れた気持ちです。
ラストで出てきた外部者等、まだまだ大陸に残る謎が散りばめられてるので、今後も同じ世界軸で別のお話が連載される可能性もありますね。
この作者さんの他の小説も、少しずつ読んでいこうかと思います。
こちらのサイトに出会えて良かったです。

それにしても、現代女子大生の雫と、魔法文字を専門とする魔法師エリク。
平凡な二人の出会いが、あんなラストに繋がるとは誰が予想できたでしょうか。
でも最初から読み返すと、伏線が結構散りばめてあったんですよね。
読んでる間は、全然気がつきませんでした。
ネタバレを知ってしまったあとに読み返すと、また違った視点で見れて面白いです。

感想 天使仔猫譚 Aprilfool09

シモメマイ シモメマイさん
シモメマイ

天使仔猫譚 Aprilfool09

「少女、仔猫、らじお」

 ジャンル - ADV・短編・企画物(エイプリルフール)
 ツール - 吉里吉里2 / KAG3
 公開日 - 2009/04/01

海沿いの街、雲来籠子(ワンロイロンズ)。元は遊園地があった場所。通称・籠の街。
そこは商売人の浮動(フードン)達によって、一大異人街が築き上げられていた。

・土産雑貨を営む、猫の少女、螺児音(らじお)。
・螺児音の舟に居候する、ヘビースモーカーな大人の女性、コトコ。
・レイモンストリート付近を縄張りにする少女、可可茶(ココア)と檸檬(レモン)。
・”マスター”が好きなゴシック服を着た、砂糖(しゅがあ)。
不思議な街で生活する、女の子達のある一日。

*感想*
凝った世界設定と丁寧な情景描写が、まるで不思議なテーマパーク内を散策しているようでした。
縦書きで表示されるシナリオ、水彩のようなイラスト、アジアを意識したBGM、それら全てが独特の世界観を演出していて、何となしに中国茶を一杯すすりたくなりますね。

ストーリーは螺児音とコトコが、籠の街に舟を寄せるところから始まるのですが、普段なら読み飛ばしてしまいそうな説明文も、設定に惹かれじっくり読んでしまいました。
水上夕市・金魚街・絵蝋燭・梯子楼……聞き慣れないワードに好奇心がうずいて仕方がありません。
水路で繋がっている籠の街を小舟で移動するシーンがまた良い!

クリア後に流れるエンディング曲は、涙が出てしまいそうなぐらい美しくて聞き入ってしまいます。
ふむふむ。歌い手は紺野聖さんで、作曲は飛鳥硝子さんですね。
よし、覚えておきます。

とにかく誰かに勧めずにはいられない、アジアン百合ゲームでした。
新作が発表されてるようなので、私もチェックします。楽しみ。

BSも良いよね

NHK番組コレクション
http://www.youtube.com/user/NEPYOU

最近また、YoutubeでNHKの番組を見てます。
特にカスミンは好きなアニメなので、何度となく繰り返し視聴しています。
カスミン
http://www3.nhk.or.jp/anime/kasumin/

放送時は鋼の兄弟が裏番組だったせいで、マイナー止まりだったのがちょっとショック。
カスミンは名作だと思う。特に第2シーズン。
Youtubeで見られるのは第1シーズンまでですが、カスミンは定期的に再放送されてるので、テレビで見る機会もあると思います。
というか私も再放送のときは、時間があれば見るようにしてます。何度見ても面白いね。
ベチャポンテンやら帽子男やら気になるものがいくつか残ってるので、新シーズンきてほしいな。
あとベチャポンテンに関しては、Yahoo!知恵袋で=カスミン説を唱えていた人がいて目から鱗でした。なるほど。

女性向感想 ニコ★ニコ、断章三分間

in the air イオリさん
in the air
こちらのエイプリルフールゲームをプレイしたので、去年公開のものと合わせて感想。
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

ニコ★ニコ

 ジャンル - ADV・短編・企画物(エイプリルフール)※配布終了。
 ツール - 吉里吉里2 / KAG3
 公開日 - 2010/04/01

運び屋の男、シマ。頼まれたスーツケースの中には、幼い少女が詰め込まれていた。
置かれた状況に訝しみつつも、荷物である少女ニコを連れ、目的地を目指す。
研究所に閉じ込められていたらしいニコは、外の世界に興味を示すのだが…。
EDは2種類。

*感想*
赤文字、青文字を無視してプレイしたため、分岐に気付きませんでした。
ReadMe.txtを読んで、改めて再プレイ。
青文字押すタイミングが掴めず、ちょっと苦労したのですが、ニコと運び屋の会話が可愛くて悶えそうでした。
舌足らずな感じのニコに萌え。


断章三分間

 ジャンル - ADV・短編・企画物(エイプリルフール)
 ツール - 吉里吉里2 / KAG3
 公開日 - 2011/04/02

クラスメートの山霧は、3分だけ時を止める能力を持っていた。
しかし彼女が能力を使っても、何故か止まった時の中でも動ける奴がいた。それが俺だった。
不思議な超能力を使う女子中学生と、それを見ている男子中学正のお話。
EDは1種類。

*感想*
いろいろと謎が多い少女でしたが、何となくこんな性格であんな生活してるのかなーと、傍観者の鷹取君を通して想像してみたり。
もう二度と会うことはないんだろうなとか、出会いってそんなもんだよね…とか思ってたら、ラストっ!
二人の再会に未来を感じられる終わり方が嬉しくなりました。



上記2作品とも、人と人との触れ合いを大切に扱っているストーリーだな、と思いました。
突き詰めれば生易しい状況じゃないんだろうけど、苦い世界の中でも交流を楽しむひと時ってあるじゃないですか。
そんな瞬間を切り取った作品だな、とプレイしていて胸が温かくなりました。
どこか映画のワンシーンを見ているような気分です。

敢えて多くを語らず、プレイヤーに想像を任せる……。製作者さんの配慮が感じられました。
落ち着いたBGMや写真背景を見ながら世界観に浸っていると、思わず時間を忘れてしまいますね。
こういうゲームをプレイしてると、改めて個人の製作者さんに出会えてよかったなと感慨深くなったりします。

女性向感想 街で噂の伯爵様

ERFOLG K9さん
ERFOLG

街で噂の伯爵様

 ジャンル - 恋愛ADG・ダークファンタジー
 ツール - 吉里吉里2 / KAG3
 公開日 - 2010/06/01

森で行き倒れたシエナは、目が覚めると大きな屋敷で介抱されていた。
屋敷の主、ヴァルトレートは言う。
「俺の土地に落ちていたお前は俺のモノだ」
行くあてのない彼女はメイドとして働くことになるのだが、どうやら屋敷に住む3人は普通の人間ではないようで……。
攻略相手は3名。ED数は計16。

*感想*
シエナがポジティブな元気大爆発娘で、好感度大でした。
基本的に落ち着いたストーリーですが、ルートが変わると、シリアスあり欝ありグロテスクありギャグあり(このギャグが弾け飛んどるっ!)……違った味付けの展開になっていて、とても面白かったです。
あのルートでは悪人一辺倒だったあの人がイジられキャラになったり…(笑)
繰り返しプレイしたくなりますね。

なにより感動したのが、システム周り。
イベントリストから、ストーリーを再び閲覧できるのが良いですね。
しかもそのリストも大量にあって、ヴァルトレートのギャグイベントだけでも22種類もありました。
クリア後の小話も良かった。伯爵両親の設定が美味しすぎる。
グラフィック、音楽、演出、全てが綺麗にまとまっていて、作り手のセンスが光ってるなあと感じさせられました。凄い。

成人向けゲーム(年齢制限) 体験版感想

ライアーソフト(Liar-Soft) ※18禁
ライアーソフト

紫影のソナーニル

-What a beautiful memories-
 ジャンル - 恋愛ADG・成人向け
 発売日 - 2010/11/26

20世紀初頭。蒸気機関の発達した世界。
そこでは異常発達した蒸気文明により、排煙で青空が失われていた。
中でも最も空が暗いとされるところ、廃墟 《旧・重機関都市ニューヨーク》。
そこに一人の女性、エリシアが足を踏み入れる。

一方、廃墟の地下には、誰も知らない都市があった。
地下世界、《アンダーグラウンド・ニューヨーク》。
7体の《御使い》と呼ばれる怪物に耐えながら、人々が生活をしていた。

その地下都市に、リリィ・ザ・ストレンジャーという少女が落ちてくる。
彼女は一切の記憶を持たなかったなかったが、ただ一つ、分かっていることがあった。
マンハッタン、紫色の空の果て、遙か彼方の紫影の塔に行かなければならない、ということ。
少女は車掌の姿をしたAと共に、電車に乗って目的地を目指す。
御使いに怯える地下都市の人々と触れながら……。

*感想*
二人の主人公、エリシアとリリィを主軸に展開されるストーリー。
地上ではエリシアが、地下ではリリィが、マンハッタンへと向かいます。
体験版の内容は、本編の第三章にあたるシナリオが入っています。

ふらふらとネットを徘徊していて、いつのまにか辿り着いていたサイト。
キャラクターとイラストが好みだったので、すぐにプレイしてみたのですが、これが面白い。
ころころと変わる画面に、絵本のように愛らしいイラスト。
詩のようなテキストに、ジャズっぽい素敵なBGM。凝ったシステム画面……。
全てが、まるで不思議の国のアリスのようなファンタジーを演出していました。
他の成人向けメーカーさんとは違った独自路線を追求していて、一部のファンが熱狂的になっているのも頷けるなあ…と。(サポーター企画が濃いんですよ〜)

3章ラストでは変身魔女っ娘シーンがあったり、Aは騎士のようにリリィを守ったり、これなんて少女マンガ?(笑)
「リリィの望む通りに」を繰り返す、Aの従僕さが破壊力満点。

紫影のソナーニルの公式ブログもまた、情報量多くてすごい。
人気投票やら世界観コラム企画も多いので、発売後も更新チェック欠かせない感じですね。


紫影のソナーニル デモムービー。OP音楽がやみつき。

女性向ゲーム(年齢制限) 体験版感想

アロマリエ ※18禁
aromarie

蝶の毒 華の鎖

 ジャンル - 恋愛ADG・成人向け
 発売日 - 2011/05/27

時代は大正。野宮家は子爵とはいえ、財政難により生活が困窮していた。
しかし当主は娘・百合子のため、精一杯に盛大な宴を開く。
それは百合子の誕生日を祝う会であったが、実質的には百合子の縁談パーティでもあった。
家のため血のため結婚を考えざるをえない百合子。だが宴の最中に事件が起こる……。

【人物紹介・体験版での台詞一部抜粋】
借金のかたに結婚を迫る、成金貿易商・斯波純一
  「つれないな、あんなに情熱的な求婚をしたのに」
遊郭通いが噂される、画家を目指していた兄・瑞人
  「なんてことだ。娘と家を量りにかけるなんて!こんな家、どうなったっていいじゃありませんか!」
容姿端麗な植物を愛する下働き、百合子の仄かな想い人・真島芳樹
  「俺は使用人ですから……姫様の脚の泥を落とすのは、俺の役割です」
表情の読めない寡黙な執事、異国人とのハーフ・藤田均
  「私は姫様を主と仰ぎお仕えする立場。姫様にも、しっかりとそのことを踏まえて頂きたいと存じます。」
堅物な幼馴染、陸軍少尉・尾崎秀雄
  「俺の心に、消えないものがある。そいつがある限り、他の誰も愛せない」
自由気ままに道楽に生きる、酒問屋の娘・天海鏡子
  「いい匂いね、ユリさん……」
  「あなたの躰から立ち上る香りが、まるで百合のように官能的だということよ……」


*感想*
恋はスリルSHOCKさすぺんす
昼のメロドラマのような会話が続いたかと思いきや、火曜サスペンス劇場ばりの血なまぐさい事件。
展開が変わりすぎてナニコレついていけぬ面白い。
軍服、抜刀、飛び散る血。スチルもいい感じに大正浪漫を抑えていてツボツボ。ストライクすぎる。
登場人物全員、濃い設定と癖のある言動が堪らんでした。

その中でも群を抜いてるのが、鏡子さんと三郎。
ガチ百合っぽい姐さんと、獣のように性欲を見せ付けてくる醜い下男が、異質すぎて笑いがとまりませんでした。
登場の際のBGMがまたインパクトあっていいね。見せ場をわかってるひゃっほう。
あと善良に見えていた真島が、色仕掛けをしてくる下働きの女に対して辛らつな言動をとっていたのが妙にぐっときた。二面性おいしいです(^p^)

耽美な世界観がいいね!体験版で全ての萌えを持って行かれました。
発売日は誕生日前なので、自分へのお祝いとして買おうかとおもいます。ふへへ。
鏡子さんの声がまたいいわぁ。気がつけば体験版公開から、毎日繰り返しプレイしてます。


※追記。狂ったように聞いてるOP。

女性向感想 なりそこないスノーホワイト

3号館B階段下。 とくなさん・はのあいださん
3号館B階段下。
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

なりそこないスノーホワイト

 ジャンル - 恋愛ADG・ファンタジー・貴族
 ツール - 吉里吉里2 / KAG3
 公開日 - 2011/02/21

少し我侭でナルシスト、だけど可憐で美しいお姫様がいました。
お姫様は従者のエステリオに毎日尋ねます。「この国で一番美しいのは誰?」と。
返ってくる答えは、いつも同じです。「それは姫、貴女です」
しかし、あるときお姫様の父親、王様が再婚をすることになるのですが
再婚相手の連れてきた一人娘は、優しくてとびきり美しい姿をしていました。
いつまでも自分が一番だと思っていたお姫様は、連れ子が憎くて仕方ありません。
従者エステリオも以前と比べ、そっけなくなってきた気がして……。
攻略相手は2名。ED数は計7。

*感想*
お姫様がかーわーいーいー!
勝手に勘違いして勝手に一人で突っ走って、周りを冷や冷やさせてるお姫様の天真爛漫さが悶えます。
攻略相手2名と書きましたが、実質的には……エステリオって感じですかね。
3人が秘めた愛情を大切にしている様子が胸にグっときます。

もうね目覚めた。恋人関係だけが全てじゃないよね。こういう微妙な関係もありだよね。美味しいよね。
将来のことはさておき、アフターストーリーで、ほのぼの過ごしてる3人が好きです。
あとウェブ拍手の姫が可愛い!可愛すぎる!

ウェブ小説感想 次期当主と花嫁候補

Bird Of Paradise 水翔つらさん
Bird Of Paradise

次期当主と花嫁候補

 ジャンル - ファンタジー・恋愛・貴族
 公開日 - 〜完結

誇り高く美しく、気品と教養も兼ね備えた、名門プリアベル家の令嬢メーウィア。
彼女に求婚する中流貴族は少なくない。その彼女の元に、有力貴族ツァイト家から、縁談の招待状が届く。
家格こそあれど、決して豊かとはいえない暮らしのメーウィアは、誇りと家の為にツァイト家に赴く。
傍には、たった一人の使用人、信頼するフラウを連れて…。
しかし着いてみると、そこには沢山の花嫁候補達がいた。
その中から当主の花嫁にふさわしい娘を一人選ぶのだという。
メーウィアはフラウの助けを借りながら、花嫁として選ばれるよう励むのだが、彼女には人に言えない秘密が一つだけあった。
それは両目が不自由、という事実だった……。

*感想*
自尊心の高い、盲目の美しい令嬢。
仕事にしか興味のない、有能な次期当主。
教養と端麗な容姿を兼ね備えた、使用人の男。

一方通行な恋愛関係がおいしすぎる。堪らぬさんかくかんけーい。
あと、登場人物の言葉遣いや立ち振る舞いが、いちいち萌えます。
メーウィアの令嬢たらんとする動作や、知性が伺える無駄のない次期当主の所作や、杖として従事する使用人の甲斐甲斐しさや動作一つ一つが見ていて楽しい。
雰囲気がすごく良いんですよ。

悲恋、切ないと言われていたお話だったので、過度にハッピーエンドは期待せず読み進めていたのですが、やっぱりみんな幸せになってほしいと願ったり、ラストではやっぱりあーみたいなもう……いや実らないからこそ美しいんじゃないかそんな関係もあっていいんじゃ(ry
設定や世界観やシチュエーションが、良い感じに混ぜ混ぜになっていて、読み終えても、また繰り返し読み返してしまう、そんな癖になる内容でした。
どストライク/(^o^)\

ウェブ小説感想 道果ての向こうの光

Libera 秋月アスカさん

※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

道果ての向こうの光

 ジャンル - 異世界ファンタジー・入れ替わり・恋愛
 公開日 - 2006/02/20?〜完結

馬車に轢かれて死んだユウナ。気がつくと彼女の前には天使がいた。
天使は言う。聖女シェリアスティーナが自殺をした。
彼女を蘇らせる必要があるため、一時的に聖女の体に入っていてほしい、と。
一年という期限つきで、聖女の体に入り生活することになったユウナ。
しかし、人から崇拝されていた聖女シェリアスティーナの王宮内での顔は、傲慢で我侭、ありとあらゆる残虐行為をしてきた嫌われ者だった。
置かれた状況に戸惑うユウナだったが、持ち前の優しさで状況を改善しようとしていく。
そしてそんな彼女を見ていたのは、聖女の婚約者であり、聖女を憎悪している神聖騎士アシュート。

聖女の変化に戸惑いを隠せないアシュートと、明らかになっていくシェリアスティーナの過去に胸を痛めるユウナ。
期限付きの聖女としての生活の中で、ユウナとアシュートが見出していくものとは…。

*感想*
シェリアスティーナが、もう可哀想すぎてもうね。もうもうもうだよ。
ユウナもシェリアスティーナと面識ないけど、聖女として生活していくうちに彼女への深い愛情を見せるようになります。
読んでいると切なくて仕方ない二人なので、なんとか報われてほしいな…。
シェリアスティーナは登場シーンこそ少ないけど、一番存在感のあるキャラクターですよね。
そして入れ替わりを知らないのに、ユウナとの期限付きの出会いを実感せざるをえないアシュートも見ていて辛い。


今回紹介した作品も、レガロから書籍化された人気作品です。挿絵は流行りの岸田メルさん。
表紙の二人が美男美女すぎて生きているのが辛い。
作者HPを日参して更新をチェックしてるんですが、もう本当にラストどうなるんでしょうね。
みんな幸せになあれ。なってほしい。

道果ての向こうの光シリーズ紹介ページ(レガロ)

道果ての向こうの光 道果ての向こうの光 二人の聖女と遠い約束 (Regalo) 道果ての向こうの光〜黄昏の花と暁の騎士〜 (レガロシリーズ)
 

※2011/10/23
2011/10/02に完結されました。
良い作品を読ませて下さり、ありがとうございました。そしておつかれさまでした。
書籍版のラストも楽しみだなぁ。これからも作者さんの動きを追いかけたいと思います。

ウェブ小説感想 wonder wonderful

therehere 河上朔さん
therehere
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

wonder wonderful

 ジャンル - 異世界ファンタジー・トリップ・恋愛
 公開日 - 2007/06/15〜完結

OLとして普通の生活を送っている、コカゲ。
一方、妹のヒナタは、異世界を行き来する不思議な二重生活を送っていた。
自分は異世界とは無縁、と思っていたコカゲだったが、妹の危機をきっかけに、コカゲも異世界へと飛び込むことになるのだった。
そして飛び込んだ先、異世界の国ディーカルアに着くと、コカゲは周囲から歓迎されてないことに気づく。
「ここに何をしに来た。コカゲ」
妹の恋人、ディーカルアの王ザキからは敵意を向けられ、城の人間からは監視される。
ヒナタは周りから愛されているのに、何故か邪険にされるコカゲ。
これには何か事情があるようなのだが……。

*感想*
レガロシリーズから書籍化もされた、有名なウェブ小説だそうです。
気まぐれで読み出したつもりだったんですが、気がつけば徹夜。
読みやすい一人称の文体のおかげで、頭も目も疲れることなく、サクサク読み終えてしまいました。
出てくる登場人物、みんな個性豊かで面白い人達ばかり。(序盤ではコカゲへの冷遇っぷりに、城内の人間には頭に血が上りかけましたが…。ひどいひどすぎる…!)
主人公コカゲの前向きで努力家なところも、見ていて気持ちが良かったです。

あの頑なだったザキ君ユーリア様も、最後にはコカゲのお姉ちゃんパワーに陥落して角がとれちゃって、思わず胸がじーん。
弱音を吐かず、周りを励まして支えて、そんなコカゲの懸命さが周りを変えていったんだなぁと。
でも自分を振り返らないコカゲの姿に、周囲はハラハラさせられてるんだなぁとも(笑)
コカゲを心配する人達の心労が、文章の隅々から伝わってきました。
最初から最後まで、頑張り屋なお姉ちゃんコカゲに乾杯。
これは素敵な姉萌え小説。

綺麗に完結しちゃったんですが、続編出して欲しいなぁ。
続きを待ち望んでいるファンも多いようなので、今後に期待してもいいですよね?うん期待しよう。
もう一度、ラシュ、シーリー、ヨーサムのトリオが見たい!
ナイスミドルなイルサムさんが見たい!失恋王子な(ヒナタ的に)ディレイが見たい!

作者の河上さんは、今後もレガロで新作を発表するんでしょうか。
楽しみすぎて動向が見逃せないです。

wonder wonderfulシリーズ紹介ページ(レガロ)

wonder wonderful 上 wonder wonderful 下 wonder wonderful 君がくれた世界 (Regalo)

JapanEarthquake

東北地方太平洋沖地震 義援金
義援金情報まとめサイト
被災地を応援しています
「被災地応援サイト」集約サイト

Calendar

03 ≪│2011/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Category

Profile

Search

MyBoom

QLOOKアクセス解析

Top


応援中

▼全年齢ゲーム▼
冠を持つ神の手 赤い砂堕ちる月
千の祈りのパラドクス ファタモルガーナの館
▼R15ゲーム▼
EnIgmA