気ままにmemo

Date : 2011年05月

女性向ゲーム(年齢制限) 感想

アロマリエ ※18禁
aromarie

蝶の毒 華の鎖

 ジャンル - 恋愛ADG・成人向け
 発売日 - 2011/05/27

時代は大正。野宮家は子爵とはいえ、財政難により生活が困窮していた。
しかし当主は娘・百合子のため、精一杯に盛大な宴を開く。
それは百合子の誕生日を祝う会であったが、実質的には百合子の縁談パーティでもあった。
家のため血のため結婚を考えざるをえない百合子。だが宴の最中に事件が起こる……。

以下、ネタバレで感想。
スポンサーサイト



ウェブ小説感想 脇役の分際

脇役の分際

 作者 - 猫田蘭さん
 ジャンル - 現代・コメディー・恋愛・ファンタジー・戦隊・魔法少女他
 公開日 - 2011/02/18〜連載中
 提供 - 小説家になろう

平均以上のことは何でもこなせるし、容姿も人並み以上と自覚している。
でも特別といえるものは何も持ってない。それが盛沢久実だった。
高校生活最後の一年、平凡に過ごすことを期待した久美だったが、異世界トリップやらスーパー戦隊やら魔女っ娘やらに励むクラスメート達に振り回され……。

*感想*
大変なんですね脇役も!思わず主人公にエールを送ってしまいました。
主人公があちこちで脇役を兼任していて、見ているこちらも同情してしまう忙しさ。
終始一貫して脇役。THE脇役。
脇役を通して見ていると、あれですよね。
異世界トリップもアクションヒーローも魔女っ娘もラブコメも、傍から見たら他人事だわーと達観して見ちゃいますよね(笑)
チャーリー・チャップリンの「人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇」を、なんとなくそれを思い出しました。
他人事だとシリアス展開も笑えるね!脇役ポジション超美味しいです(^p^)言うてもた。
思わずドライな感想を抱いてしまいつつ、しっかり笑わせてもらいました。
読みやすく、さらっと読破できるのでおすすめの作品です。

にしても、このクラスにいる主人公がうらやましいっ。
私も間近で超人奇人怪人見てみたいです。
毎日がアトラクション施設にいるようじゃないですか!タダ見タダ見。


※2011/10/23
書籍化決定したそうです。おぉぉおお。
そして「小説家になろう」では、現在「大学生編」が連載中です。
光山君の腹黒っぷりが磨きかかってて、見てて楽しい。
そして私は竜胆君が好きです。

脇役の分際 (フェザー文庫)

ウェブ小説感想 無重力メリーゴーラウンド

Weightlessness Web 大江ラベルさん
Weightlessness Web

無重力メリーゴーラウンド

 ジャンル - アメリカンコミックス調・アクションヒーロー・恋愛・長編
 公開日 - 2010/07/30~完結

ギャングの悪事が絶えない街「クレセント・シティ」。
その街には一人のスーパーヒーローが居た。名前は「パンサー」。
パンサーは悪事を成敗する傍ら、学生としてその街のハイスクールにも通っている。
当然、街でも学校でもパンサーは大人気だ。
そして同じくその学校に、一人の冴えない少女ニコル・ジェロームが在学していた。
平凡な容姿に平凡な家庭。地味な生活が続くと思っていたニコルだが、ギャングの密談を盗み聞きしたことにより、生活は一変する……。

*感想*
面白かったです。
まさにメリーゴーランドのようにくるくる変わる展開に、ハラハラどきどき楽しませてもらいました。
パンサーの正体が発覚するシーンでは(序盤で分かるんですけど)、良い意味で王道で読んでいて鳥肌が立ちましたよ〜。
街の治安を守るヒーローと、影から見つめるヒロインの図が素敵。
成績優秀だけど運動神経と容姿が冴えないウイリアム・ジャズウィット(WJ)や、ナルシストオーラ全開の御曹司デイビッド・キャシディ。
出てくるキャラクターも個性豊かで面白いし、アメコミ調を意識した会話も軽快でした。
個人的にニコルのメイクアップを担当するミス・ルルが好きだなあ。
彼女?(「アタシに人種的性的差別発言をしたら、地獄の底まで呪うわよ!」←ツボ)が、ニコルに向かって「二次元!」と切り捨てるシーンが強烈でした。
ああいう自己主張の激しいオーラをまとったキャラって溜まらんです。身悶えるっ。
読了後もミス・ルルの出てくるシーンは繰り返し読み返しましたよ。オネエ系いいねいいね〜。
脇役が動いてると妙に躍動感が感じられる気がします。

嵐のように始まる序盤に気が付けば引き込まれ、あっという間に読み終えてしまいました。
長いですが読んで良かったと思える作品です。鮮やか、という言葉がぴったりな楽しいお話でした。土日におすすめ。

ウェブ小説感想 王子様の抱き枕

王子様の抱き枕
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

 作者 - 六月ケイさん
 ジャンル - 異世界ファンタジー・トリップ・恋愛
 公開日 - 2010/06/24〜完結
 提供 - 小説家になろう

家族ラブな六人兄弟の長女・林道茉莉。
ある日、茉莉は可愛い妹のために、深夜までマドレーヌを作る。
そして疲れ果てて眠り目を覚ますと、クウェンティン国、第一王子のベッドの上だった。
寝ている間にトリップ?!取り乱す茉莉に、王子レーガンは言う。
「帰るまでの間、俺と寝ろ。」
不眠症の王子レーガンのために、抱き枕になる茉莉の生活が始まる。

*感想*
ウェブ小説巡りをするようになって、初めて知った「らぶえっち」というジャンル。
いちゃこらコメディ調に18禁する少女コミック?みたいなやつのことだそうです。
私、勝手に作品タイトルでえっちっちを連想してたんですが、読んでみたらそうじゃなかった。
というより真逆だった。健全すぎるほど健全。ベッドシーンは多いけど、言葉通りベッドで就寝するだけ。
なんだみんな良い子だな!お母さん安心したよ!!
あら嫌だ良い子は寝る時間よパンパン展開があるのかと思ってたんですが、本編中には全くありません。唇キスもないですよ。
お菓子大好きな平凡な女の子・茉莉と、クールなレーガン王子。
色気より睡眠、色気より食欲な、マイペースコンビの会話が見ていて妙に安心します。
二人を取り巻く城内の人間も愉快な人達ばかりで、やりとりが楽しいです。
お菓子作りに励む茉莉と料理人達の様子が、読んでるとお腹が鳴りそうになるよ。ティラミスの美味さはスイーツ界の至宝。

作者さんのネタバレイラストも可愛くて面白家族に妄想がとまらないです。
茉莉の兄・葵の出番はまだですか?と。よし暖かくなってきたのでちょっくら外で脱いできます。全裸待k


※2011/10/23
プロ作家デビューに伴い、作品を降ろされました。
この作品が読めなくなったのはとても辛い…。ああぁ(涙)
商業でのご活躍を見守りたいと思います。
六月さんをこれからもこっそり応援しています。

女性向感想 Kiitos!(体験版)

KUMYS たまさん
KUMYS

Kiitos!(体験版)

 ジャンル - 異世界ファンタジー・ADV
 ツール - 吉里吉里2/KAG3
 公開日 - 2010/10/03

ここは召喚士ならば誰もが憧れる約束の地、マジカル県マジカル市マジカル6丁目。
マジカル県マジカル市役所市立高等召喚学校、3年A組マル・ルー・ルルーは、ちょっぴりドジな落ちこぼれ魔女っ子召喚士。
ある日彼女の前に現れた一人の駄目ニートにより、平凡だったマルーの運命とついでに世界の命運が廻り始める…ッ!!!
(作者HPより転載)
体験版は11話中、4話までプレイできます。

*感想*
もう作者サイトさんの紹介説明文からしてぶっ飛んでます。やだ素敵。
幼女で魔女っ子なマル・ルー・ルルーと、天才魔法使いロアルドと、それを世話するホスト悪魔と、ツンデレ美少年魔法使いと…突っ込みだしたら負けかと思ってるそんなキャラ達のどたばたコメディです。
このロアルドが、ニートでギャルゲーオタクでロリコンという、日本社会の駄目要素が三拍子揃った青年で(自分を棚上げする)挙動不審ぶりが見ていて面白い(自分を棚上g以下r^v^)
歯に衣着せぬキャラクター達の言動と、容赦ないボケと突っ込み。第1話から掴みはばっちりといった感じでしょうか。もう私のハートは握りつぶされそうです。笑いすぎて顎と心臓が痛い。
ウェブ拍手や裏日記でも、彼らの騒ぎを目にする機会があるので、HPへ通うのが日課になってるこの頃です。
DLsiteで販売開始したようなので、今度何かのゲームと一緒に購入しようかな。
登場人物たちの溢れるパワーに、なにやら元気を貰ってしまいました。
体験版なので気軽にプレイしてみてはいかがでしょうか?



OPが好きです。


同作者さんの別作品の感想はこちら。
「RE」の感想

ウェブ小説感想 女王の化粧師

BARROCO 千花鶏さん
BARROCO

女王の化粧師

 ジャンル - 異世界ファンタジー・恋愛・長編
 公開日 - 2010/10/01~連載中

花街に一人の化粧師がいた。
まだ幼さが残る15歳の子だったが、腕前は高く、飛びぬけた実力は娼婦達からも信頼されていた。
そこに貴族に使える男が尋ねてくる。彼は、この国の女王候補に化粧をしてほしいと頼むのだ。
化粧師ダイは、令嬢を女王にすることはできないが女王としてふさわしい顔を作ることならできる、と返答をする。
女王候補と化粧師ダイ。女王選びが始った小国デルリゲイリアでのお話……。
現在、序章まで完結。

*感想*
試し読みするつもりが、気がつけば徹夜で読みふけってしまいました。
重い瞼、ガンガンする頭痛をこらえて読みきってしまいました。
まだ序章だそうですよ。この量で。
いいところで終わっちゃってるんですよ。もう続きは?続きはどうなるの?生かさず殺さず、生殺し状態。
作者を憎いと思ったのは、本当に久しぶりかもしれません。この愛憎、どこにぶつけたらいいんですか…!

とにかく化粧師ダイの仕事ぶりが美しい。見惚れてしまいます。
化粧をしていくダイの姿と、変化していく女の顔。その様子を眺める人達。
これらが鮮やかに丁寧に描かれていて、美しい映画のシーンを見ているようでした。
化粧を終えたときには、もうダイの虜になってしまいましたよ。何この子すごい。
顔師として凛と働くダイの姿。落ち着いていて物腰の柔らかいストイックな普段の姿。
ダイの持つさまざまな顔にも目がいってしまいます。

もちろん顔師によって美しく化けた女性達も素晴しいですよ。
化粧を施された顔に影響されていく周りの反応も、また見ていて楽しい。

女王候補マリアージュや彼女に使える男ヒース。魔術師アルヴィナ。
脇役のキャラ一人ひとりが魅力的で、これからの活躍に期待してしまいます。
上手くいえないのですが、作品から呼吸が感じられました。

出会えて本当に良かったお話です。これからも一人の読者として追いかけたいです。

ウェブ小説感想 おばあちゃんの魔法のゆびわ

おばあちゃんの魔法のゆびわ
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

 作者 - 亜矢さん
 ジャンル - 異世界ファンタジー・トリップ・恋愛・R15
 公開日 - 2011/01/29〜連載中
 提供 - 小説家になろう

雛の亡くなったおばあちゃんは異世界人だった。
そのためか雛とお兄ちゃんは、おばあちゃんと同様に魔法を使うことができた。
おばあちゃんの一回忌、雛はおばあちゃんの故郷である異世界にトリップする。
持ってるのは、おばあちゃんの形見の指輪だけ……。

*感想*
ほのぼのしたストーリーで、読んでいて癒されました。
登場人物がみんな良い人達ばかりで和むんだ。
お兄ちゃん、精霊ロウ、村の人達、城下の人達……人の優しさが印象に残りました。
異世界の学校に入学した後の話では、ハリポタを髣髴させる魔法シーンに好奇心をくすぐられます。
精霊が見える雛が一体どういった未来を選んでいくのか、気になりますね。

雛が異世界で生きていく姿が丁寧に書かれていて、一緒に不思議の世界で旅している気分についなってしまいます。
更新頻度が高いので、追いかけるのが楽しみな作品です。

ウェブ小説感想 Neva Eva

鈍色硝子 真樹さん
鈍色硝子

Neva Eva

 ジャンル - 異世界ファンタジー・コメディ・長編
 公開日 - 2007/06/13〜連載中

世界最強の魔法使い、”魔術師の王”ラズリィ・ヴァリニス。
”大崩壊”と呼ばれる史上最悪の危機を救った彼は、その後、姿をくらました。
それから30年後。泉で目を覚ました少年は、自分の名前以外の記憶をもたなかった。
ラズリィ。魔術師王と同じ名前。それが彼の名だった。

*感想*
主人公最強。まさに王道。読んでいて気持ちの良い展開ですね。清清しいっ。
設定ヒエラルキーでは主人公が断トツ頂点だけど、運動能力は最弱、というのもアンバランスで面白かったです。
歩くだけで、生死が左右される主人公ってどんだけですかー?!
生傷が耐えない主人公を、使い魔たちが甲斐甲斐しく世話する様子が見ていて楽しかった。
最強主人公を介護(笑)する周囲…。なにこの使い魔たち飼いたい。欲しい。
ラズは番外編を読む限り、運動神経がないというより繋がっていないそうですが、あれも何か裏事情があるのかな〜。うーん。今後の妄想が止まらないです。

ランキングサイトやあちこちのブログで見かける有名サイトさん。
天然たらしのラズ無双は必読ですよー。

ウェブ小説感想 エンドレス・ティータイム

Libera 秋月アスカさん
Libera
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

エンドレス・ティータイム

 ジャンル - ファンタジー・恋愛・19世紀ヨーロッパ風ラブコメディ
 公開日 - ~完結

フィーリアの恋多き母が、再婚すると言い出した。
相手のセルダン伯爵は、なにもかも完璧といっていい人物だった。
ただ難点があるとしたら、母よりも十も年下で、女性達を虜にしている社交界の遊び人だということ。
フィーリアの前で見せる伯爵の顔は、自信家で尊大で嫌味そのもの。まさに女の敵。
再婚を阻止しようと躍起になるフィーリアだったが、社交家のセルダン伯爵は二枚も三枚も上手で…。

*感想*
ムキになるフィーリアと、華麗に嫌味でかわすセルダン伯爵……二人のじゃれ合いが可愛くてもう。
無垢で堅物な少女と、社交界きっての遊び人。対極のようで根っこの部分が似ている二人。
お互いに惹かれあっていく描写が丁寧で、読んでいて胸にぐっときました。
二人が気持ちをぶつけるダンスシーンは、本当に華やかで盛り上がりがありましたねぇ。
だからこそラストのフィーリアの返事は、えっと驚きが隠せませんでしたが。
周りや読者の思惑を飛び越えて、意思を貫く彼女に圧倒。さすがフィーリア。

エピローグとリクエスト企画の後日談では、いつもの二人の姿に安心しました。

「道果ての向こうの光」もそうでしたが、本当に素敵なキャラクターが多いですね。
見ていて応援したくなる状況に、ついなっちゃうんですよね。
作者さんの優しい人柄が、キャラクターにも反映されているのかな?と思いました。


同作者さんの別作品の感想はこちら。
「道果ての向こうの光」の感想

いろいろと修正

記事の情報を見やすく統一したほうがいいのかなと思い、とりあえず手をつけられるものだけ書き直しをしましたよ。
紹介したフリーゲームの記事をいくつか修正、リンク変更。

自分用メモとして書き綴っていただけなのですけど(性格がにじみ出てる杜撰さ)、ちゃんと見ている人のことも考えないといかんと改めて最近思ったっ!いまさら思った!

女性向感想 いろは

Mr,Escapism Mr,Mさん Mr,Kさん
Mr,Escapism
※以下、ネタバレになりそうなものは反転。

いろは

 ジャンル - 女性向け恋愛ADV・クイズ・短編
 ツール - 吉里吉里2/KAG3
 公開日 - 2011/04/17
 制作者 - Mr,Kさん

学生生活が忙しくて、巫女としての勉強が疎かになっている奈々子。
そんな奈々子の傍にいるのは二人の守人、紅と霞。
神社の神主と後継者についている世話役兼、ボディーガードのようなものだ。
今日は奈々子に巫女としての勉強をしてくれるというのだが……。
EDは7種類。

*感想*
舞う花びら、音楽、配色…和風を意識したゲーム作りが良いですね。スタート時の掛け声が妙にツボでした。
二人の守人も、また良い味してるんだ。
紅のGOODENDは、うちの子はどこにも嫁にはやらぬ。誰かにやるぐらいなら、うちに置いとくわい!って感じがしたのは気のせいでしょうか?(笑)
最初っから最後まで、激過保護者っぷりが良かったです。
霞は落ち着いた仕草が格好良かった。首元に手をあてたポーズがなんかやらしいっ。
あいかわらず、こちらのキャラクターイラストは魅力的ですね。
格好良い仕草も青ざめた表情も、立ち絵一つ一つに心が揺さぶられます。
回答を全て間違えたほうがGOODENDなのも、守人達の保護欲がむき出しな感じで良かったです


同作者さんの別作品の感想はこちら。
「Magic Romanesque」の感想
「かぼちゃと魔女の森」の感想


クイズに関してですが、馬鹿な私にはとても難問だったので(だいがくにゅうししけんかとおもった)自分用に覚え書きしておきます。
以下、反転。攻略はHPで公開してらっしゃいます。

JapanEarthquake

東北地方太平洋沖地震 義援金
義援金情報まとめサイト
被災地を応援しています
「被災地応援サイト」集約サイト

Calendar

04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Profile

Search

MyBoom

QLOOKアクセス解析

Top


応援中

▼全年齢ゲーム▼
冠を持つ神の手 赤い砂堕ちる月
千の祈りのパラドクス ファタモルガーナの館
▼R15ゲーム▼
EnIgmA