気ままにmemo

 

ウェブ小説感想 女王の化粧師

BARROCO 千花鶏さん
BARROCO

女王の化粧師

 ジャンル - 異世界ファンタジー・恋愛・長編
 公開日 - 2010/10/01~連載中

花街に一人の化粧師がいた。
まだ幼さが残る15歳の子だったが、腕前は高く、飛びぬけた実力は娼婦達からも信頼されていた。
そこに貴族に使える男が尋ねてくる。彼は、この国の女王候補に化粧をしてほしいと頼むのだ。
化粧師ダイは、令嬢を女王にすることはできないが女王としてふさわしい顔を作ることならできる、と返答をする。
女王候補と化粧師ダイ。女王選びが始った小国デルリゲイリアでのお話……。
現在、序章まで完結。

*感想*
試し読みするつもりが、気がつけば徹夜で読みふけってしまいました。
重い瞼、ガンガンする頭痛をこらえて読みきってしまいました。
まだ序章だそうですよ。この量で。
いいところで終わっちゃってるんですよ。もう続きは?続きはどうなるの?生かさず殺さず、生殺し状態。
作者を憎いと思ったのは、本当に久しぶりかもしれません。この愛憎、どこにぶつけたらいいんですか…!

とにかく化粧師ダイの仕事ぶりが美しい。見惚れてしまいます。
化粧をしていくダイの姿と、変化していく女の顔。その様子を眺める人達。
これらが鮮やかに丁寧に描かれていて、美しい映画のシーンを見ているようでした。
化粧を終えたときには、もうダイの虜になってしまいましたよ。何この子すごい。
顔師として凛と働くダイの姿。落ち着いていて物腰の柔らかいストイックな普段の姿。
ダイの持つさまざまな顔にも目がいってしまいます。

もちろん顔師によって美しく化けた女性達も素晴しいですよ。
化粧を施された顔に影響されていく周りの反応も、また見ていて楽しい。

女王候補マリアージュや彼女に使える男ヒース。魔術師アルヴィナ。
脇役のキャラ一人ひとりが魅力的で、これからの活躍に期待してしまいます。
上手くいえないのですが、作品から呼吸が感じられました。

出会えて本当に良かったお話です。これからも一人の読者として追いかけたいです。
スポンサーサイト



Home

JapanEarthquake

東北地方太平洋沖地震 義援金
義援金情報まとめサイト
被災地を応援しています
「被災地応援サイト」集約サイト

Calendar

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

Profile

Search

MyBoom

QLOOKアクセス解析

Top


応援中

▼全年齢ゲーム▼
冠を持つ神の手 赤い砂堕ちる月
千の祈りのパラドクス ファタモルガーナの館
▼R15ゲーム▼
EnIgmA