気ままにmemo

 

ウェブ小説感想 無重力メリーゴーラウンド

Weightlessness Web 大江ラベルさん
Weightlessness Web

無重力メリーゴーラウンド

 ジャンル - アメリカンコミックス調・アクションヒーロー・恋愛・長編
 公開日 - 2010/07/30~完結

ギャングの悪事が絶えない街「クレセント・シティ」。
その街には一人のスーパーヒーローが居た。名前は「パンサー」。
パンサーは悪事を成敗する傍ら、学生としてその街のハイスクールにも通っている。
当然、街でも学校でもパンサーは大人気だ。
そして同じくその学校に、一人の冴えない少女ニコル・ジェロームが在学していた。
平凡な容姿に平凡な家庭。地味な生活が続くと思っていたニコルだが、ギャングの密談を盗み聞きしたことにより、生活は一変する……。

*感想*
面白かったです。
まさにメリーゴーランドのようにくるくる変わる展開に、ハラハラどきどき楽しませてもらいました。
パンサーの正体が発覚するシーンでは(序盤で分かるんですけど)、良い意味で王道で読んでいて鳥肌が立ちましたよ〜。
街の治安を守るヒーローと、影から見つめるヒロインの図が素敵。
成績優秀だけど運動神経と容姿が冴えないウイリアム・ジャズウィット(WJ)や、ナルシストオーラ全開の御曹司デイビッド・キャシディ。
出てくるキャラクターも個性豊かで面白いし、アメコミ調を意識した会話も軽快でした。
個人的にニコルのメイクアップを担当するミス・ルルが好きだなあ。
彼女?(「アタシに人種的性的差別発言をしたら、地獄の底まで呪うわよ!」←ツボ)が、ニコルに向かって「二次元!」と切り捨てるシーンが強烈でした。
ああいう自己主張の激しいオーラをまとったキャラって溜まらんです。身悶えるっ。
読了後もミス・ルルの出てくるシーンは繰り返し読み返しましたよ。オネエ系いいねいいね〜。
脇役が動いてると妙に躍動感が感じられる気がします。

嵐のように始まる序盤に気が付けば引き込まれ、あっという間に読み終えてしまいました。
長いですが読んで良かったと思える作品です。鮮やか、という言葉がぴったりな楽しいお話でした。土日におすすめ。
スポンサーサイト



Home

JapanEarthquake

東北地方太平洋沖地震 義援金
義援金情報まとめサイト
被災地を応援しています
「被災地応援サイト」集約サイト

Calendar

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

Profile

Search

MyBoom

QLOOKアクセス解析

Top


応援中

▼全年齢ゲーム▼
冠を持つ神の手 赤い砂堕ちる月
千の祈りのパラドクス ファタモルガーナの館
▼R15ゲーム▼
EnIgmA